2017年02月15日

木曽川 法蓮寺で帰山式が行われました

2月11日 一宮市法蓮寺にて、宮ア貞悟上人の大荒行堂第再々行成満帰山式が行われた。

ファイル_000 (2).jpeg

早朝から降る雪の中、宮ア住職の帰山を待ちわびていたが多くの檀信徒は、見事行を成満した住職の姿に、檀信徒は心打たれた様子であった。

水行が始まる頃には雪もやみ、清冽な雰囲気の中式典が行われた。
式中では、尾張宗務所所長 安藤晴雄上人(圓行寺住職)、尾張修法師会会長 佐々木友肇上人(瑞圓寺住職)より、宮ア住職、檀信徒に祝辞が述べられた。

謝辞で宮ア住職は、行に送り出して頂いた事への御礼と共に、今後の法蓮寺での弘教の決意を語った。


posted by owaridendou at 15:25| Comment(0) | お寺の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。