2019年11月23日

こころといのちの講演会

〜穏やかな最後を迎えるには〜

1BB0D300-7BF7-41C2-83A7-F4CB4EBBF34D.jpg

2423A3A6-CDB4-4651-8036-028BCA8EA9E2.jpg

FF3EFB14-F5AE-422A-83D0-50DA766A6240.jpg

BFE46986-99A3-456B-ADA2-55215E7AEB6F.jpg

869177F4-61DA-4EE3-89CD-0D23F449618B.jpg

114日、いのちとこころの講演会が開催されました。

日蓮宗尾張社会教化事業協会が主催し、大雄会病院後援、宏徳会安藤病院協賛にて、開催されました。

講師は、世田谷区立特別養護老人ホーム、芦花ホームの医師であり、平穏死を提唱される、石飛幸三先生、もう一方は、元浜松医科大学精神科医、現在埼玉県行田市にある、要唱寺のご住職の斉藤大法上人でした。


石飛先生からは、芦花ホームから、平穏死を提唱するに至った経緯なと様々な事例を挙げご紹介頂きました。

斉藤上人からは、キューブラロスの死についての、人のこころの変遷と、仏教における死について、また、苦しみについて、どの様に捉えるのか、また、どの様に捉えることができれば、心安らかな死を迎えることができるのか、そのヒントを教えて頂きました。



posted by owaridendou at 18:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。