2018年02月14日

清須市 光遠寺 帰山式が行われました

2月14日 清須市光遠寺(伊藤友秀住職)で、修徒伊藤友源上人の日蓮宗大荒行堂第初行成満帰山報告式が行われました。

1519730700412.jpg

早朝、伊藤友源上人は多くの檀信徒とともに、唱題行列にて光遠寺に到着。その後の水行式では、100日間の厳しい修行を垣間見るような迫力のある水行が行われました。

1519730271180.jpg

帰山報告式では法味言上の後、来賓として尾張宗務所長安藤晴雄上人(あま市圓行寺住職)、尾張修法師会長佐々木友肇上人(あま市瑞圓寺住職)より祝辞が述べられました。

謝辞において、住職の友秀上人は
「かつて、幼い息子(友源上人)を抱きかかえてこの寺に入った時のことを思うと、この度の荒行成満は夢のよう」
と語り、

友源上人は感涙に言葉を詰まらせながらも
「この100日間の修行の功徳は、自らの功徳ではなく檀信徒皆様の功徳であり、修行で得た力を以って檀信徒の方々の為に尽力します」
と誓い、感動のうちに式を締めくくりました。




posted by owaridendou at 21:40| Comment(0) | お寺の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

犬山市 妙海寺で晋山式が行われました

5月28日犬山市妙海寺で法燈継承式が行われ、第32世田中貴遠師より、第33世田中恭遠師へ妙海寺住職の法燈が託された。

20170622173128845.jpg

式に先立ち、新住職はお稚児さんと共に晋山行列を行い、歴史ある犬山城下町を練り歩いた。

20170622173418742.jpg

多くの僧侶、檀信徒が迎える中、新住職が昇堂。

式中においては、役稚児、田中七海さん田中歩君が新住職の就任を喜ぶ「天童祭文」を読み上げ、御宝前を彩った。

20170622173136913.jpg

謝辞で前住職の貴遠師は
「30年余、妙海寺の住職として日蓮大聖人にお給仕させて頂いた事、就任以来の念願であります法華経の道場として次の代に法燈を継承出来ました事、また引退後の身を案じて下さる檀信徒の多き事を感じ、本日は感慨無量でございます」

新住職恭遠師は
「檀信徒と共に真心こめて日蓮大聖人にお給仕いたします」
と檀信徒と共に歩む法華経信仰の決意を語った。
posted by owaridendou at 17:33| Comment(0) | お寺の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

小牧市 敬法寺 法燈継承式

5月13日に小牧市敬法寺で第26世安藤正昭師より第27世阪口潮コ師への法灯継承式が行われ、檀信徒約300名が参列しました。
法灯継承式とは住職の交代の儀式です。

心配していた夜からの雨も奇跡的に上がり、120名を超えるお稚児さん行列とともに新住職は敬法寺に到着。

法要では、住職の証である払子(ほっす)が安藤上人から新住職に手渡され、お稚児さんの小林亮介君、阪口胡海さんが祭文を読み上げました。
阪口新住職は奉告文で安藤師の四十年以上にわたる住職としての活躍を讃え、新住職としてさらなる寺門興隆に尽くし、祖願達成の一端を担うことをご宝前に言上しました。

IMG_7682.JPGAttachment-2.jpg


謝辞で安藤師は「安藤家として先代から数えて70年、敬法寺と関り、支えてくださった善意と厚誼に感謝したい」と述べ、
阪口師は「お寺の次男として生まれ、入るお寺がない中、住職として檀信徒を教化し大聖人のご本懐を全うしたいと願い、三年間お経をあげ続けました。本日、敬法寺に入寺することが叶い、祖父慈海上人との約束がようやく果たせ感謝の極みであります。皆さまのお役に立てる僧侶になるべく精進して参ります」と涙ながらに決意を語った。

Attachment-1.jpg

最後に総代の石田留男氏が安藤師への感謝と労いの言葉をかけ、新住職へ「人々を幸せに導いて、仏教と社会平和のために尽力してほしい」と期待を述べた。
posted by owaridendou at 20:44| Comment(0) | お寺の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

木曽川 法蓮寺で帰山式が行われました

2月11日 一宮市法蓮寺にて、宮ア貞悟上人の大荒行堂第再々行成満帰山式が行われた。

ファイル_000 (2).jpeg

早朝から降る雪の中、宮ア住職の帰山を待ちわびていたが多くの檀信徒は、見事行を成満した住職の姿に、檀信徒は心打たれた様子であった。

水行が始まる頃には雪もやみ、清冽な雰囲気の中式典が行われた。
式中では、尾張宗務所所長 安藤晴雄上人(圓行寺住職)、尾張修法師会会長 佐々木友肇上人(瑞圓寺住職)より、宮ア住職、檀信徒に祝辞が述べられた。

謝辞で宮ア住職は、行に送り出して頂いた事への御礼と共に、今後の法蓮寺での弘教の決意を語った。
posted by owaridendou at 15:25| Comment(0) | お寺の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

清須市瑞正寺にて寒行がおこなわれました


IMG_4510.JPG

小寒を迎えた1月6日、今年も清須市瑞正寺にて寒修行が行われました。

寒修行とは、冬の寒い時期に大きな声でお題目を唱え、団扇太鼓を撃ちながら、町中を行脚するという修行です。

寒風吹きすさぶ中、宗門伝統の唱題行脚専用法衣着帯法、通称"行脚スタイル"に身を包み、団扇太鼓を携えた総勢15名からなる僧侶の一団は6日午後5時半、瑞正寺を出発し、檀信徒の方々の案内のもと新川流域の町中に毒鼓を響かせながら唱題行脚にて練り歩き、門毎に家内安全年中安泰を祈念しました。


IMG_4509.JPG
posted by owaridendou at 12:20| Comment(0) | お寺の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする